一般社団法人西諸医師会 小林准看護学校

TEL.0984-22-2842 アクセス方法 お問い合わせ

小林准看護学校の概要

設置者

一般社団法人 西諸医師会

本校は西諸医師会が地域医療を担う准看護師を養成するため設置運営しております。

学校長

小林准看護学校 校長

園田 定彦

少子超高齢化が進んだ現在、看護職の役割は極めて重要になっております。高度な知識や専門技術だけでなく、患者さんとその家族を思いやり、支え、励ますことのできる豊かな人間性が求められます。

本校は霧島連山の麓に位置し、恵まれた自然のもとで看護を学びながら豊かな人間性を育成するには最適な地です。実習医療機関は西諸医師会を中心に連携協力が非常に良く、医療に対する社会的ニーズをより身近に感じつつ勉学に励むことができます。また、教員も多方面の専門の先生が教鞭をとって下さっており、とても充実した教育が行われています。教員、職員、実習医療機関が一団となり、皆さんを豊かな人間味を持ち合わせる高度な看護技術者になれるように支えていきます。

新しい時代の看護を担う熱意と向上心にあふれた皆さんの入学をお待ちしております。

沿革

昭和34年4月
小林准看護婦学校開校(各種学校)
平成17年3月までの卒業生徒数 1,939名
昭和52年6月
名称を小林准看護学校に変更
昭和53年4月
小林西高等学校と技能連携教育を開始(文部省認可)
平成17年3月までの衛生看護科卒業生徒数 891名

定員・システム

定員:1学年40名

本校は小林西高等学校との技能連携教育を行っており、入学者は原則として中学校新規 卒業者を対象とし、本校及び小林西高等学校へ同時入学することになります。また、看護の技術を高めるため、委託施設での実習をすることになります。