一般社団法人西諸医師会 小林准看護学校

TEL.0984-22-2842 アクセス方法 お問い合わせ

卒業生の声

私も誰かの役に立ちたくて

私の祖父は、長い間病気で入院生活を強いられていました。私は、苦しむ祖父を、一生懸命お世話してくださる看護師さんの姿に感謝と憧れを抱くようになり、私も誰かのために役にたてないかと思い、看護師を目指すことに決め、本校を受験し入学しました。

入学当初は、聞きなれない専門用語に戸惑い、とても不安を感じていましたが、実際に医療の現場で働いておられる先生や看護師さんの授業を受けていると、早く病気で苦しむ患者さんの力になりたいという気持ちが大きくなってきました。中学校までの学生生活とは異なり、実習や授業は大変ですが、クラスメイトと励まし合いながら、資格取得のためにがんばっていきたいと思っています。

小林准看護学校1年:54回生

鬼塚 晃央さん

先生方、仲間、家族に支えられ、クラス全員 准看護師試験に合格

入学当初は、実習や授業、テストや宿題などやらなければならないことが沢山あり、正直なところ、何度も辞めたいと思ったこともありましたが、仲間同士支え合いながら准看護師免許取得を目標に、みんなで一生懸命頑張りました。

また、私達のために沢山のテストや問題を作ったり、いつも相談にのってくださった教務の先生方にも支えられ有意義な学生生活を送ることができ感謝の気持ちでいっぱいです。そんな先生方や家族にも支えられ私達クラスは全員准看護師試験に合格することができました。

私はこの准看護学校を卒業し、約一年が経ちます。今は医療機関で准看護師として働きながら小林西高校衛生看護科へ通っています。医療現場で働きながらの学生生活は大変な面もありますが、私にとっては大変貴重な時間となっています。時には悩んだり苦しんだこともありましたが、小林准看護学校を卒業し、やりがいのある看護の道を選んで本当に良かったと思っています。

小林西高等学校衛生看護科3年:52回生

村岡 沙弥香さん 平成23年度卒業

医療機関と学校に通って忙しい毎日ですが、得られるものも2倍!

小林准看護学校では、午前中は医療機関で実習をし、午後からは、准看護学校または小林西高校に通学するという他の高校生とは違った学生生活を送ることになります。全国でも珍しいタイプの学校で、医療機関と2つの学校に同時に通うという、忙しい毎日を送らなければなりません。しかし、そんな中でも、患者さんやそのご家族と接していくことで、机上の学びでは得られないものをたくさん学ぶことができました。教科書を見て覚えたことと、実際の医療の現場で見るものとを繋げて学習できるというのが小林准看護学校の大きな利点であると思います。

49回生

松本 優季美さん 平成20年度卒業